胡蝶蘭の選び方

未分類

胡蝶蘭を選ぶ時には花びらの肉厚さや並び方など、専門的なポイントもあります。しかし胡蝶蘭は花の大きさと、輪数と連数で値段が変わるため少し詳しい人も値段が分かりやすい花です。失礼のない贈り方をするにはどうしたらいいのでしょう。

胡蝶蘭最初に贈り先の飾るスペースを確認しましょう。スペースによって花の大きさを選択します。花の大きさは大輪、中大輪、小輪の3種類あり、大きいほど値段が高くなります。大輪は花の大きさが10~15cm程度で高さは80cm以上です。存在感があり見栄えが良いので、重要な仕事相手に贈られることが多いです。中大輪は大輪より一回り小さい花が咲き、高さは70cm程と飾りやすく見栄えもするため、仕事相手だけでなく長寿祝いなどにも利用しやすいです小輪は花の大きさが6~9cm程度の花が沢山咲きます。高さ40~70cm程とコンパクトなため、病院のカウンターや個人の贈り物に選ばれます。

輪数とは花の数のことです。1本の茎についている花の数が多いほど、値段は高くなります。最初から花が多い小輪は、輪数でなく連数によって値段が違います。

連数とは花の本数のことです。1つの鉢の中にある本数が多いほど、値段は高くなります。

花の大きさや輪数と連数によって、値段だけでなく横幅などの大きさも変わってきます。豪華さなどの見栄えだけでなく、相手のスペースや色の好みに合う胡蝶蘭を選びましょう。

■関連記事■
ネット通販のポイント

Pocket